2012年11月17日

クリスマスのディスプレイ

ぼちぼちノエル用のディスプレイが始まっています。可愛いお人形はプランタンのもので、今年はディオールが担当。ぎこちない動きが愛らしい。そして何気に素敵なのが、ラファイエット・メゾンのウインドウ!フランスはこういうディスプレイのセンスが本当に素晴らしい。鳥と楽器、食器、食べ物を合わせる感覚・・・自由で、日本人にはなかなかない発想です。
でも、シャンゼリゼ通りは今年もLEDで去年と同じ宇宙みたいな謎のデザインになるそう。ディスプレイはこんなにステキなのに、イルミネーションはイマイチ。どういうことなんでしょう。

2012年10月12日

今夜激突

今夜パリ郊外のスタッド・フランスにて、日仏男子サッカーの親善試合があります。
もちろん応援に行ってきますよ!
フランスはここ数年あまり良い結果を出していないので、
日本が勝てるんじゃないかと思ったりしてます。

ガンバレ・ニッポン!アレ・ル・ジャポン!

2012年9月28日

ボンマルシェ160周年

 ボンマルシェが160周年を迎えたそうで、館内ではデパートの歴史がよくわかる展覧会が開かれ、記念グッズも販売されています。

イラン出身のイラストレーター、マルジャン・サトラピによるショーウインドウも素敵!

いつもとちょっと違ったボンマルシェに足を運んでみて下さい。

www.lebonmarche.com


2012年9月27日

新しい靴を買わなくちゃ

パリを舞台にした日本映画が今週公開するみたいですね。主演は今をときめく向井理とパリ在住の女優中山美穂。美男美女でなかなかお似合いです。トレーラーを見た感じだと、ジュリーデルピー&イーサンホークのビフォア・サンライズに似ているような。ロケ地気になりますね。チラ見した感じではコンコルド広場、セーヌ川、サンマルタン運河が出てきますね。もちろんエッフェル塔も。

それにしても、あんな美しくてオシャレなフリーペーパーライターって・・・いるのかな。

予告トレーラー

2012年9月26日

お知らせ

お知らせです。私の友人が短期集中で東京は四谷にてフランス語講座を開きます。
日本語が堪能な、とても素敵なフランス人女性ですので、興味がある方は是非!

~日本語と日本文化を熟知したフランス人コーチによる、フランス語マンツーマンレッスン~

東京に10年間滞在。東京の企業で働く傍ら、フランス語教師も兼任。
日本語を習得した経験と日本でのフランス語レッスンの経験を生かし、日本人の方がフランス語を効率よく学習できる画期的な方法を考えだしました。日本語とフランス語の言語の違いや文化の違いを熟知したコーチがマンツーマンでご指導致します。
“受講者の方がフランス語で自信を持ってコミュニケーションができること”これを目標として、独自の技術に受講者の方のニーズやご希望を取り入れ個別にプログラムを組みます。
レッスンはビジネス、旅行など、全ての用途に個別に対応。 どんなレベルの方でも、楽しみながらフランス語を習得できることをお約束します。


詳しくはこちらまで
www.tomatis.com

2012年9月11日

バルセロナ(17)

今回一番行きたかった所といっても過言ではない、サンパウ病院。モデルニズモ建築の巨匠ドメネク・モンタネーレの傑作です。同じドメネクの建築でカタルーニャ音楽堂がありますが、そちらは前回ガイド付き見学に行ってあまりの素晴らしさに感動した覚えがあります。建築、内装の美しさはもちろんのこと、英語のガイドさんの素晴らしいこと。わかりやすい発音で(フランスだったらありえない!)ときおりジョークやクイズを交えながら説明してくれて、とにかくその内容が良かったのです。で、このサンパウ病院もやはりガイド付き見学のみ。ドメネク建築はガイド付きと決まっているのか?

同じモデルニズモ建築で圧倒的人気を誇るのがガウディですが、私はドメネク派。土っぽい感じと可愛らしい色使いが素敵。二人ともモザイク使いですが、ドメネクのほうが繊細な感じがします。修復中らしく、あちこちで工事が行われているのでメットかぶって見学です。

こんな病院あっていいの?ってくらい外観・内装ともに非常に凝っていますが、ちゃんと病院としての機能も計算されて設計されているのが見事。まぁ当たり前ですが。特に大病棟の窓から季節の植物や花、果実の木とかが見えるようになっているのは、生き生きとした自然を見る事によってメンタルから治療していくという目的だそうです。他にも病院の概念をくつがえす色使いとデザインが素晴らしい。バルセロナ、カタルーニャそしてスペインの美に対する懐の深さとか、オリジナリティをしみじみと感じます。こういうインフラにこそ、遊び心があっていいんだ!って思ってしまいますねぇ。

さて見学も終わり、お腹がすいたので、お目当てのタパスバーへ移動することに。

Sant Pau

2012年9月10日

バルセロナ(16)

最終日はグラシア地区、そして世界遺産のサンパウ病院、最後にボルン地区でお土産を買うというスケジュール。グラシア地区はパリでいうとマレとかサンジェルマンデプレみたいな、ブティックとギャラリーが集まっている地区。メトロはFontanaというところで降ります。パリにはないカラフルなファッションが多いので、見ているだけでも楽しいです。ただ、やはり14〜16時のコアな時間帯はほとんどのお店が閉まってしまうので、かなり時間を考えて行かないと大変。午後のサンパウ病院が13時までなので、午前中にグラシア地区めぐりをすることに。

ほんの1時間しか見られませんでしたが、今のバルセロナがわかって面白かったです。パリと違って、お店の中の写真撮り放題なのもビックリ。